Printed from https://www.webqc.org

点群対称性の指標表


C1 Cs Ci
C2 C3 C4 C5 C6
C2v C3v C4v C5v C6v
C2h C3h C4h C5h C6h
D2 D3 D4 D5 D6
D2h D3h D4h D5h D6h
D2d D3d D4d D5d D6d
S4 S6 S8 S10
Td Oh Ih
C∞v D∞h
現在

点群対称性

の点群対称性は、広く化学のいくつかの分岐に使用される分子の重要な特性である:分光、量子化学と結晶

個々の点群が対称操作のセットで表されます。
  • E - アイデンティティ操作は
  • C N の - 2π/ nの角度だけ回転は*
  • S N の - 不適切な回転(軸に垂直な面内で2π/ Nの角度と反射による回転)
  • σ時間の - 水平方向の反射面(垂直主軸に)**
  • σ V の - 垂直方向の反射面(主軸が含まれています)
  • <李>σ D の - 斜めの反射面は、(主軸が含まれており、両者の間に角を二等分するC 2 の軸が主軸に垂直)する
* - nは整数
**です - 主軸はC N の最大のnと軸が下に変更されていない場合

分子は対称点群に属しています。このグループのすべての対称操作。

分子の

特定のプロパティ(振​​動、電子と振電状態、正常な振動モード、軌道)は、分子点群の対称操作の下に、同じ手段で又は異なって、動作をする場合があります。この動作は、既約表現(irrep、文字)によって記述されます。対称点群のすべての既約表現には、対応する文字テーブルで見つけられるかもしれません。それが文字テーブルでは、この既約表現に対して指定されているとおりにundersymmetry操作を変更した場合、分子プロパティは、特定の既約表現に属します

いくつかの分子特性場合は、他のプロパティBとCの積であるの文字がBとCの文字の製品であり、文字の製品テーブルから。

文字の一般的な割り当​​て(irriducible表現)で与えられた分子特性の分子配向に依存して決定することができる。開発されたこの割り当て曖昧マリケンを作るために<対称記法のためので広く受け入れられるようになったん


化学反応式の係数調整サイトへのご意見·ご感想
メニュー 実行 モル質量 ガス法 Units 化学のツール 周期表 化学フォーラム(英語) 対称性 定数 Contribute お問い合わせ
引用する場合の表示はこちらから。